読み込み中・・・
複雑な商品情報の管理
商品のスピーディな市場投入
効率的な商品(製品)情報の管理
商品情報の最大活用
オムニチャネル時代の商品情報管理
停止ボタン
 
 
 
 
 

商品情報管理ソリューション「Agility」

(PIM:Product Information Management)

-より正確で、よりスピーディな商品の市場投入を実現-

商品情報管理ソリューション「Agility®」はオムニチャネル向けのPIM(※)ソリューションです。「Agility®」は販売活動・マーケティングに焦点を当てながら、商品情報を効率的に管理出来ます。
商品仕様、価格、商品画像はもちろん、商品説明文やキャッチコピーといった変更のよくある項目の管理にも柔軟に対応し、販売・マーケティングに必要な幅広い情報を一元管理することが可能です。
Agilityで商品情報を一元管理することで、多様化する販売チャネル(実店舗・通販サイト・ソーシャルメディア・商品カタログ等)に一貫した情報を配信することが出来ます。

※PIM

PIM(Product Information Management)とは「商品情報管理」、または「そのためのソリューション」を指します。

 

広告・パンフレット
広告・パンフレット
タブレット
タブレット
スマートフォン
スマートフォン
商品カタログ
商品カタログ

オムニチャネル時代の今、実店舗、カタログ通販、Webサイトなど、あらゆるチャネルでいつでもどこでも同じように商品が買えるような環境を顧客に提供すること、新商品をタイムリーかつスピーディに市場に投入することが、競争の激しい市場で成功する為には益々重要になってきています。
しかし、独自に自社内に分散している大量の商品情報を統合し運用するには多大な手間とコストが掛かります。ぜひAgilityを活用し、商品情報のより効率的な管理・活用を実現してください。

 

市場投入のスピードアップ

商品情報の一元管理により、新製品投入にかかる時間を短縮、多言語にも対応

 

一貫した商品情報の配信

商品情報・画像データの散在を解消、多様化する販売チャネルへ一貫した情報を配信

 

情報更新作業を効率化

各チャネル毎に管理していた商品情報が一元管理されるため、各担当者の作業負荷を軽減

商品情報管理(PIM)を実現する3つの鍵

オムニチャネルの実現に欠かすことの出来ない、商品情報管理(PIM)。その鍵となるのは、情報の「一元化・整備・有効活用」の3つです。すなわち、各チャネルに応じたきめ細やかな管理、一貫性の保持、的確な情報配信が求められます。「Agility®」は、製品規格、画像、価格など、製品(商品)に関する情報を一元管理する事が出来る商品情報管理ソリューションです。さらに、多様化する販売チャネルへ一貫した情報の配信も可能にします。

 

商品情報管理の鍵となる3要素

情報の一元化
商品情報を統合し、必要な情報を必要な場所に的確に配置することが、使いやすく、情報を探しやすいPIMシステムを構築するための最初のステップです。
情報の整備
商品情報データを構造化し、いつでもすぐに取り出せるようにすること、データの変更・更新がスムーズに行える環境を整備することにより、関連情報を探す手間が省けるだけでなく、最新情報をタイムリーかつスピーディーに社内/社外で共有できるようになります。
情報の整備
一貫性のある情報を各媒体に応じて的確に配信し、いち早く市場に提供することが顧客ロイヤリティ、ひいては購買(利益)に繋がります。