沿革
1972年4月 多摩地区への進出

労働力確保が出来ない!

創業から5年が経ち、事業拡大し始めた頃、事業所と労働力の確保という大きな問題に直面しました。
本社がある新宿付近で大きな事業所を構えるとなると、相当額の家賃が必要です。また、都心での労働力確保は年々難しくなっていました。

多摩ニュータウン進出

この問題を解決できる地として選定されたのが、「多摩ニュータウン」です。
多摩ニュータウンは、都心に近い未来都市として構想され、入居者数は着々と増えて行きました。

本社のある新宿から京王線1本で行き来でき、地価も適当。なにより最大の利点は、周辺団地に暮らす主婦の労働力でした。
まだまだ男性中心の社会の中、早くから女性のチカラに目を向けたアグレックス。当時では珍しく、所長以下、社員も全員女性という「女だけの城」として日経ビジネスに取り上げられました。

多摩事務所開設案内ハガキ

多摩事務所開設案内ハガキ

今も昔も多摩地区

当時の事業所と労働力確保という危機を救ってくれた多摩ニュータウン。50年経った現在も、当社の事業所の多くを多摩地区に構えています。今も昔も変わらず、当社の業務は、多摩ニュータウンの地と労働力に支えられています。

現多摩センター

現多摩センター

戻る