ビジネスクリエーション事業本部
インシュアテック事業部
ビジネステクノロジーサービス第3部
ITアドバイザー  瀬戸 みなみ

2015年入社

01アグレックスに入社を決めた理由は?

前職では、生命保険と損害保険の両方を扱う代理店で営業担当をしていました。「さらに、自己の成長を託すことができる仕事がしたい」と思い、転職を決意。そこで、まず考えたのは、これまでの業務経験や保険の知識を活かすことができる仕事であること。さらに、結婚、出産、育児など、将来のライフイベントと仕事の両立を図ることができる、女性が働きやすい職場であることーという2点でした。それらをキーとして、会社探しをした結果、保険代理店からのご質問やお問い合わせなどにお答えする仕事内容に魅力を感じて、当社のITアドバイザーを選びました。

02仕事のやりがいは何ですか?

ITアドバイザーは電話での応対が基本となる仕事です。だからこそ、例えばお客様のお話を遮ることなく、最後まできちんと伺う。またご高齢者の応対では、大きな声でゆっくりと聞き取りやすいように話す、などの心遣いが大切です。さらに、通り一遍ではなく、おひとりお一人に顔を向けた姿勢をキープすることが重要だと実感しています。全体を見渡しながら、ひとつ一つのプロセスを確実にこなすことが、重大なミスの排除につながると考えて応対しています。その結果お客様から「ありがとう」と言っていただけるのが、最大のご褒美ですね。

03職場の雰囲気はどうですか?

ビジネスクリエーション事業本部は、とても女性の多い職場です。周囲には産休明けで時短勤務している先輩もいますが、集中度を高めた働き方を見習いたいと思います。将来の自分を投影するロールモデルとなる先輩達の存在は、女性として非常に大きな励みになります。また、各種保険業務を巡る資格の取得、社員の自己研鑽や学習を支援する体制など、社員の成長を加速させることができる環境が整備されている点も、大きな魅力です。

04入社前と入社後のギャップはありましたか?

ITアドバイザーは電話応対を基本とした仕事ですので、相手のお顔や表情が見えないことは、当初から予想していました。とはいえ、実際のお客様との対面応対では、同じ資料を見ながらご説明することができますが、電話では資料の共有が難しいのも事実です。また、PC上の画面もブラウザーのバージョンや文字拡大率の設定などによって見え方が違うので、理解していただくのに苦労することもあります。これらは、想定外の出来事でした。そこで、お客様がいま何をご覧になっているのかを確認し、的確な説明ができるように気を配っています。

05今後のキャリアプランを教えてください。

私自身、保険代理店に勤務していましたので、お客様のマインドを理解できる部分も多く、それをさらに武器にしていきたいと思っています。また、自分がユーザーとしてお客様相談室などに電話した時にも、相手の気持ちが慮れるようになりました。システムに関するお問い合わせ等もあるので、ITの基礎知識習得のために、情報処理の資格の勉強を進めています。

1日の流れ

  • 8:55
    朝礼

    本日のトピックス案件を確認してから業務を開始します。

  • 9:00
    電話対応

    システム操作、システムエラー解決等、幅広いお問い合わせがあるため、内容に応じて臨機応変に対応します。

    すぐに回答できない案件に関しては、SV(スーパーバイザー)やシステム担当に相談して解決方法を調査します。

  • 12:00
    ランチ

    社内にある休憩室にて昼食をとります。

  • 13:00
    新人OJT

    新人研修受講後のメンバーに対しロールプレイングを行い、本番さながらな受電対応を経験してもらいます。

    ロールプレイング後に、システムの理解を深めるため解説をします。応用力を身につけてもらい、本番に備えます。

  • 15:00
    社内研修

    対応の質やシステムの知識向上を目的とした、品質向上研修に参加。自身のスキルアップに取り組みます。

  • 16:30
    電話対応&OJT

    夕方はお問い合わせが増加する時間帯のため、OJTを行いながら受電対応を行います。新人が電話対応中は問題解決支援を行い、問題解決後の復習時間を利用して受電を行います。

  • 18:00
    退社
応募者へのメッセージ学びの気持ちを、大切にしてください。
学生時代から茶道をやっており、美しい所作を「他者から学ぶ=見て覚える」という姿勢が大切だと知りました。仕事の習得も基本は同じです。OJTを通じて「先輩の良い部分を盗む」という態度が大切です。周囲の人たちから「学ぶ眼差し」をもってください。