顧客電話番号存否確認ツール/DOLPHIN-NOVA21

顧客情報のリフレッシュ化を実現

電話番号データをNTT交換機にオートコールし、その使用状況を「実在」「欠番」「移転」などの9つのステータスに分類するシステムです。移転の場合には移転先電話番号を自動取得します。
電話番号の使用状況から顧客の転居有無などの存否確認ができるため、顧客情報の更新や不着郵送物の削減が可能です。
ベルの鳴動や着信履歴を残さず電話代もかからないので、アウトバウンド業務の事前チェックにも有効です。 利用目的は、単なる顧客データ整備から郵便物不着防止、なりすましやレンタル電話などの推測材料としての与信業務支援など様々です。
また、昨今の携帯電話の普及にあわせて、対応キャリアは固定電話だけでなく携帯電話、PHSなど全キャリアに対応しています。

お問い合わせはこちら

特徴

1
電話代が不要
ベルの鳴動や着信履歴を残さず、電話代がかかりません。
2
9つのステータスを自動で取得
「実在」、「欠番」など9つのステータスを自動的に取得し、ステータスごとの対策が可能です。
3
移転先電話番号を自動で取得
移転ステータスの場合、移転先の電話番号を自動取得します。
4
大きな処理スペック
1日10万件、1日20万件の処理速度のスペックがあります。
5
携帯電話にも対応
固定電話だけでなく携帯電話、PHS、IP電話にも対応しています。

仕様

電話番号使用状況 分類カテゴリー一覧

1.実在 現在使われている電話番号
2.欠番 現在使われていない電話番号
3.移転 現在使われていないが、移転先電話番号がアナウンスされているもの
4.取り外し 電話が取り外されているもの
5.電話番号誤り 桁数不足などでNTTが受け付けないもの
6.不正番号 数字以外の文字が混在しているもの
7.非通話機器 非通知機器(ATMなど)と接続されているもの
8.その他 上記に分類できないもの
9.回線エラー 回線エラーで電話番号を検出できなかったもの

関連サービス・類似サービス

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ