内定者の声

アグレックスへ入社を決めた理由や就職活動で大変だったこと、
皆さんへのメッセージなど本音を先輩社員に語ってもらいました。 

アグレックスに入社を決めた理由は?

  • 第一印象が良かった。説明会に参加した際に社内が明るく楽しそうな雰囲気を感じたのがはじめの印象だった。アグレックスを知るにつれて、自分の探していた企業や内容に近かったので入社を決めました。

    男性・理系

  • 先輩社員の方々の印象です。出会ってきた企業の中でいちばん親身になってくれそう気がしました。利益優先の企業人というよりも、誠実な大人として私たちに接してくれました。

    男性・文系

  • ITだけでなくBPO事業によって幅広い業界に対して展開していくことができる点や企業理念が細かく明確化されている点、また現状に満足することなくさらなる発展を期待することができ、私も自己成長できると思ったからです。

    女性・理系

  • 専門知識を身につけたいと考えていたため。人事の方が親切であったこと。実際に働いている社員の方々との交流の機会を積極的に作って貰えたこと。納得いく面接ができたことです。

    男性・文系

  • アグレックスの説明会では社員が学生とコミュニケーションを積極的にとっている所を見て誠実さを感じ、選考時では担当の方から優しさを感じ、自分を認めてくれる環境があると思ったから。

    男性・文系

  • 事業の広さを見て、他の業界との関わりを常に持つことができると思い決意しました。営業のみといった一つのことに特化しきれない自分には最適と感じたためです。

    男性・文系

  • 疑問に感じることをすべて答えてくれた会社であると感じたからです。私の熱意を感じ取ってくれて、フィードバックもきちんともらえ、とても面接しやすかったです。数々の会社で面接をしてきましたが、その中でアグレックスという会社が一番魅力を感じ、入社を決めることにしました。

    男性・理系

  • どの企業よりも、自分自身を見てくれていると感じたためです。一次面接から一対一で長い時間かけて私の話に耳を傾けてくれ、ここでなら私と会社お互いが納得する働き方ができるのではないかと感じたためです。

    男性・文系

  • これで不採用ならしょうがないと誇れるほど、面接で自分の全てを出し尽くすことができた企業だったから。自分をもっとも熱く表現できた企業で働くこと以上に幸せなことはないと思い、入社を決めました。

    男性・文系

  • 企業理念、経営姿勢や社員の方に魅力を感じ、入社を決めました。アグレックスは、人を大切にする会社だと思います。お客様も社員も成長できる会社だと感じました。選考過程からもその姿勢を感じることができました。人事の方の自分を知ってくれようとしている気持ちが伝わってきて、普段の自分を出せたように感じました。

    女性・文系

アグレックスで叶えたい夢や目標は?

  • 夢は、アグレックスのSEとして、みんなをまとめることができるプロジェクトマネージャーになることです。それは私の目標でもあり、全体を管理する責任と情熱をもってこのアグレックスという会社を大きくしていけたらいいなと思います。

    男性・理系

  • お客様にとって最も信頼できるビジネスパートナーになることが目標です。様々な業界に対して企業がより成長するための新たなIT戦略を考え、アドバイスできるようになりたいです。

    女性・理系

  • 私の夢は世の中の人がより本質的な所に力を傾けられるようなシステムを提供することです。当面の目標は日々の実務遂行能力を磨いて、プロジェクトマネージャーになることです。

    男性・理系

  • 会社にとって必要不可欠な人になりたい。そのためにITに関する知識やビジネスマナーを身に付け、会社の中や取引先の方々からの信頼を得られるよう誠実に行動していきたいと思います。

    男性・文系

  • 私は将来、アグレックスの海外事業に貢献したいと考えています。まずはITの技術をしっかりと学び、語学力もしっかりと勉強する事で、世界で生きていける人間になりたいと考えています。

    男性・理系

  • 信頼されるSEになりたいと思っています。お客様や一緒に働く仲間から、技術の面だけでなく、人間としても、この人に仕事を任せれば大丈夫だと思ってもらえるような社会人になりたいです。

    女性・文系

  • 夢はいつも笑顔で輝く社会人になることです。常に目標に向かい努力できる人間でいたいです。文系出身なので、まずはとにかく勉強だと思っています。お客様から信頼される仕事ができるように努めます。海外滞在経験があるので、将来的には海外との事業に関わる仕事をしてみたいです。

    女性・文系

  • 若いうちから良い結果を残し、多くの社員から信頼されるようになりたい。そのためには努力を惜しまず、自己成長を常に意識していきたいと思っている。

    男性・理系

  • それぞれのお客様が抱える課題や改善点に対し、ITの力を通じて期待以上の結果を提供できる存在となりたいです。そのため日々の仕事から積極的に経験や知識を蓄積していきたいです。

    男性・文系

  • 将来、責任を持った仕事をしたい。社会人として責任は当たり前だが、大きな仕事をまかせられるような人間になり、上司や後輩ともに信頼を持ってもらえるような人間になりたい。

    男性・理系

成功した試験・面接対策は?

  • 志望理由以外は回答を文章として練り過ぎないことと、自分が緊張した時にリラックスする方法を見つけておくこと。面接はあくまで『会話』なので、必要以上に文章を考えていくより、自然体で思ったことを言う方が先方にも好印象だったように感じます。

    女性・文系

  • 面接試験だと気負いすぎずに、「面接官と会話をする」ぐらいの気持ちで臨むことで、私は自分らしさを出せたような気がします。ただし、自己PRなどのメジャーな質問には、自然に言葉が出てくるようにしておくことが前提です。

    男性・理系

  • 面接ではすべてを完璧にするのではなく、“これだけは伝えよう”ということを何点か明確にして臨んだ。結果が良い時も悪い時もあったけど、次につながるものを得ることが出来ました。

    男性・理系

  • 恥ずかしいかもしれませんが、他人に自分の面接を見てもらう事が一番だと感じました。特に大学の就職課ならば、相手はプロであるので的確な助言をいただけますし、知人を相手にするよりは恥ずかしさも感じないと思います。

    男性・文系

  • 面接の内容を、終わった直後の忘れないうちにノートに書き込むこと。やみくもに面接の数を重ねただけではもったいない。質問内容を書き起こすことで次につなげ、面接の場も自己分析に活用しました。

    男性・理系

  • Webテストの形式は企業ごとに毎年ほとんど変わらないので、ネット場で情報を集め、形式だけでも知っておくとかなり結果が変わります。最近の面接では最後に自分から面接官へ質問があるかどうか聞かれることが多いのであらかじめ質問を決めておいたほうがいいです。

    男性・理系

  • 面接を受け終わってから聞かれた質問内容を手帳にまとめた。どこの企業でもたいてい聞かれたことのある内容を質問されたので忘れないようにしておいた。また、こたえる内容を丸暗記していかないようににした。たいてい忘れてしまうため。

    男性・理系

  • 自分の経験や伝えたいことをストーリーにしてみること。ただし作文のようにしないよう自分の言葉で説明出来るように心掛けました。

    男性・理系

  • 成功したと感じた経験は手ごたえを感じたグループディスカッションの後に、人事の方に通常のプロセスにない特別な対談の場を設けて頂いた経験です。面接対策は意地悪な質問をされた場合でも動揺せずに自分の意見を述べるイメージトレーニングです。

    男性・理系

  • 自分の経験や長所が、その企業で働く上でどのようなメリットにつながるのかをできるだけイメージして、伝えることが大事だと思います。それを意識することで、その企業についてさらに調べる必要性が生まれ、面接の中でも、より熱心さをアピールできるようになりました。

    男性・文系

就職活動中に印象に残っているセミナー、選考方法を教えてください。

  • アグレックスの一次面接でのことです。1時間かけて自分がどういう人間か、どのような経験をしてきたかなどを話しました。他での面接では、入社理由などを徹底的に聞いてきたので、アグレックスは社員に親身になって自分自身を分かってくれるという印象がありました。

    男性・理系

  • プレゼンテーション選考が印象に残っています。社員が一人、サポーターとして付いて、「自分が社会に出てしたいことと、会社に入ってしたいことがどう結びついているか」を一枚のスライドにまとめる選考です。自分の中の考えをまとめることが出来、それ以降の就活にも役立てられました。

    男性・理系

  • 会社説明会の際に、現役社員との懇談会を催してもらえると非常にありがたく感じました。現役社員と話すことで、その会社で働く人間の生の声を聞けたり、社風を感じ取ることができ、企業選びの大きな参考になったからです。

    男性・理系

  • 営業職のセミナーで、実際に営業をして競い合うというもの。社員の方がいるブースに訪問して行って、プレゼンをして行くというもの。リアルタイムで成績が表示され、おもしろかった。

    男性・理系

  • 企業説明会の中で、自己分析の方法や、社会人と学生の違いについて、丁寧に説明してくださった担当者さんがいました。就職活動を始めたばかりの時期だったので、学校の就職ガイダンスより役に立つ情報をいただけて、非常に印象に残りました。どのように就職活動をすればいいかわからない時には、多くの企業を回ることで得られるものが多いと思います。

    男性・文系

  • グループで協力して、見本と同じブロック模型を造るという選考。終了後、そのグループ内での役割や貢献度を自己申告した。

    女性・理系

  • 某企業のグループディスカッションで「弊社への志望動機」が議題だったこと。グループディスカッションはまだ最初の段階で企業研究等々がまだ煮詰められてなかったのでとても焦りました。

    男性・理系

  • 面接での「大学の学食までの道案内を口頭でしてください」という質問が印象に残っています。自分の中で当たり前だと思っていることを他の人に説明するのは、意外と難しいことなんだなと感じた質問でした。

    女性・文系

  • 6時間かけてグループで新事業の計画をたてて、プレゼンをするという選考が一番印象に残りました。難しかったのもありますが、限られた条件下で新しいものを作り出すというプロセスは良い経験になりました。

    男性・文系

  • ディスカッションが「学食と弁当だったらどちら?」という内容だった時は驚きました。また、一次面接から最終面接まで同日に行う企業も印象的でした。

    女性・理系

就職活動中の嬉しかったエピソードや成功談は?

  • 就活を通じて友人ができたこと。就活のことを話せる仲間がいると、気持ちが少し楽になります。また、内定を頂いた時は、今まで頑張ってきた成果が認められたのだと心から思え、達成感と幸福感で満ち溢れました。

    女性・文系

  • 就職活動していなければ出会えなかった人達と話ができたことです。選考を共に参加した学生の方々はもちろんですが、タクシーの運転主や仕事の休憩中の方などともお話ができた場面がありました。私の就職活動の話なんかを聞いてくれて励ましの言葉もくれました。そんな出会いがとても嬉しかったです。

    男性・文系

  • 面接で飾らない自分を正直に出し切れた時は、合否を問わずすっきりとした気持ちになれた。それで合格出来た時が就職活動中で一番嬉しかった。

    女性・文系

  • 家族全員が自分のために手助けをしてくれたことです。仕事をして疲れているだろうにいろんな話を聞いてもらい、就職活動中は本当にお世話になりました。内定を頂けたときは、握手をして喜びを分かち合いました。

    男性・文系

  • セミナーや説明会に参加することによって自分の知らない会社の裏側や情報を得ることができたことです。この経験は就活をしている今しかできないと思ってやっていたので楽しかったです。

    男性・理系

  • ものすごく怖そうな面接官が最後に自分のキャラクターをほめてくれたことです。また、内定をいただけたことが一番嬉しかったです。

    男性・文系

  • 就職活動中に同じような境遇の人がいて意気投合し、いろいろなことを聞いたりお互い情報共有できたこと。周りのみんながちゃんと就職できたこと。

    男性・理系

  • やはり、アグレックスに内定をいただいた時が一番嬉しかったです。アグレックスから内定の報告をいただいた時、嬉しくて学校の廊下で歓喜の雄叫びをあげてしまいました。

    男性・理系

  • グループディスカッション開始前までに必ず同じグループの人と会話をして、雰囲気を良くする。これからどんな人達と議論するかも確認できた。

    男性・文系

  • 友人との他己分析を通して、自分のいい面・悪い面を改めて考えることができた。就職活動がなければ、友人の大切さや、家族のありがたみに気づくことができなかったと思います。

    女性・文系

就職活動中の失敗談は?

  • 面接当日に寝坊してしまい、時間に間に合わなくなってしまったことです。その時は面接官の方が日にちをずらしてくださいましたが、これが社会人であれば取り返しがつかないので、その後はしっかりと自覚を持つよう心がけました。

    男性・理系

  • SPI対策をするのが遅かったため、筆記試験をパス出来なかったことです。大学院進学も少し視野に入っていたため、専門科目の勉強はしていたのですが英語や漢字がとてもひどかったです。就活をすると決めたときから、しっかりシフトチェンジするべきでした。

    女性・文系

  • 面接当日に寝坊したこと。前日夜遅くまで研究していたため、朝起きたら面接時間の30分前だった。もちろんその面接は不合格になりました。他にも最終面接が複数持っている状態で他社の選考を全て辞めたこと。結局、最終に全部落ちて1からやり直しになった。

    男性・理系

  • 予約した日程と違う日の説明会を手帳に書き込み、当日会場に行って誤りに気づきました。空席があったので、出席させてもらえました。初歩的なミスですが、就職活動で多忙になると、うっかりミスも出やすくなります。

    女性・文系

  • 自己分析や自己アピールに時間をかけすぎて、企業分析が不十分になることが多かった。もっと早い段階から自己分析を含め、就職活動を始めていたらと思った。

    男性・理系

  • 夏場のダッシュは要注意です。汗だくのまま面接になってしまい集中しきれなかった事がありました。早め早めの行動が大切です。

    男性・文系

  • スケジュールを詰めすぎたことです。1社1社に注げる時間が少なくなってしまい、企業研究が捗りませんでした。また、ゆっくりできる時間が無いと、精神的に苦しくなり、選考で思うように力を発揮できないこともあると感じました。

    男性・理系

  • 忘れ物をしたことがあります。その際は、面接会場の近くのホテルでパソコンを借り、必要書類をプリントアウトさせてもらい事なきを得ました。就職活動が忙しくなっても、事前の準備は怠ってはいけません。

    男性・文系

  • 会場までの行き先がわからず迷子になり、遅刻で二次選考を落としてしまったことです。近場だったこともあり、下調べも大雑把に済ましてしまったことが、原因でした。それ以降は、たとえ見知った場所でもきちんと下調べするようにしました。

    男性・理系

  • 自己アピールや自身の経験談などを面接では用意していたため、企業研究を怠っていた事がありました。なぜその企業なのか、そこでどうなりたいかなどしっかりと考えておく必要があります。

    男性・理系

就職活動の開始前と終了後で、自分自身の一番の変化は?

  • しっかりと予定をたてるようになりました。開始前では、ノリや行き当たりばったりで行動する事が多かったのですが、就職活動を通してスケジュール調整をするようになりました。時間厳守の意識も高まりました。

    男性・文系

  • 就職活動中にいろんな人(学生・社会人の方)に会って、相手の立場に立って物事を考えることが大事だということをより一層実感しました。また、社会人になるんだという意識もさらに高くなりました。

    男性・文系

  • 自分自身の一番の変化は、毎日新聞に目を通すようになったことです。就職活動開始前は、週に2~3日程度でしたが、終了する頃には毎日目を通すようになっていました。新聞を読むことで、政治や経済などにも興味をもつようになりました。

    女性・文系

  • 一番の変化は、繰り返し自分の経歴や性格、仕事に対する目的などを面接で話したおかげで、自分に対する理解が深まったことだと思います。

    女性・文系

  • 話を聴く力がより身に付いたと思います。就職活動は自分の考えを正確、簡潔に伝える力も大切ですが、相手の話を聴いたり新聞を読むなどインプットの方も大切です。

    男性・文系

  • 開始前には短期的なスケジュール管理しか行っていませんでしたが、終了後に長期的なスケジュールも考えながら行動するようになりました。

    男性・理系

  • 就活を始める前は、興味のあることを仕事にしたいと思っていましたが、就活を進めて行くうちに、人の役に立つために自分にできることを仕事にしたいと思うようになりました。働くことに対する意識が変わったと感じています。

    女性・文系

  • 自分のことは自分が一番考えなければいけないということ

    男性・文系

  • 企業への向き合い方です。就職活動当初は外部から見ている感覚でしたが、活動を進めるにつれて、自分がここに入ったら何ができるだろうお客様としてどういう人に出会えるだろうと内部からも考えるようになりました。

    男性・理系

  • 初めてお会いする方に自分から積極的に話しかけられるようになりました。就職活動前は緊張してしまいなかなか勇気が出ませんでしたが、セミナーで隣の席になった方に自ら話しかけることで情報収集もスムーズにできるようになりました。

    女性・理系

就職活動中の学生さんにアドバイスやメッセージを!

  • 先輩や大学の就職活動支援施設を遠慮せず利用してください。自分一人では,内定がなかなか決まらない時、心が折れてしまうかもしれないです。そんな時、そう言った人達からのアドバイス等が心の支えになるかもしれないので、恥ずかしがらずにガンガン利用してください。

    男性・理系

  • 選考がなかなか通らないと落ち込むと思いますが、選考は落ちて当たり前だと思って、気持ちの切り替えを大事にしてほしいです。また、身だしなみやスケジュール管理は徹底しましょう。頑張ってください。

    男性・文系

  • 面接で結果で思うような成果がでなかったり、大変なことはたくさんあると思います。けれども、失敗してしまった時など、必ず次に活かせるように、自分なりのフィードバックを加えて、無駄の無いような就職活動を行うと良いと思います。

    男性・理系

  • 毎日慣れないことや分刻みで埋まったスケジュールで大変だと思います。ですが、就職活動中は、自分について社会について勉強できる貴重な期間です。楽しんでください。がんばってください。将来の自分が後悔しないために!未来の自分が輝けるように!応援しています。

    女性・文系

  • 就職活動中は様々は立場の人と交流できる期間です。ネットで集められる情報も大切ですが、まずはその企業まで足を運びましょう。社員の方から聞ける生の情報が一番選考で役に立つはずです。

    男性・理系

  • とにかく自分なりの気分転換方法を持っておくこと。就職活動は長丁場になりやすく、気分転換せずに続けると自滅してしまうこともあるのでどこかで息抜きしておいたほうがいいです。あと、徹夜明けの面接はキツイので睡眠はきちんと取りましょう。

    男性・理系

  • 就職活動は一人の力でやろうと思ったら大変です。まず先輩や大学の就職課の人のアドバイスをよく聞き、そのアドバイスを自分を省みる良い機会としてほしいです。就活は人生のほんの短い期間ですので精一杯頑張ってください。

    男性・理系

  • 就職活動は楽しんでやっていたら、必ずいい結果が付いてきます。辛いと思ってしまったら、それまでだと思います。また、就職活動は内定をもらうためものではなく、自分を改めて見直すいい機会だと思います。就職活動は楽しんでやりましょう!

    男性・文系

  • 型にはまりきった就職生になってしまうと、つくられた自分しか出せず本当に合った企業がわからなくなってしまう気がします。普段の自分+目上の人と話す緊張感で、素の自分を消さないようにしてください。必ず自分らしさと合う企業が見つかるはずです!

    男性・文系

  • 今まで経験してきたテストと違い、努力しても結果がついてこないこともあります。でも、それらは決して無駄ではなく、自分のためになります。自分が胸を張って納得できる進路に進んでほしいと願っています。

    男性・文系