Toolbox 利用形態

IBM iの標準ツールとして多くのお客様にご利用いただいている「Toolbox」の「利用形態」については、以下をご確認ください。

 

Toolboxシリーズ製品は、様々なビジネスニーズの変化に応じて利用形態を選択いただけます。

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

製品購入型

 

Toolboxシリーズ製品の使用権を購入して利用できます。
年間保守契約を保有するお客様に対しては、製品保守サービスをご提供します。
製品購入型は、以下の2種類のライセンスをご用意しています。

 

  • 筐体ライセンス

    マシンシリアル番号に基づいたライセンスです。
    オンプレミス環境でご利用の場合、1筐体につき複数区画のご利用が可能です。

     

    *クラウド環境でご利用の場合、LPAR毎にライセンス費用が必要です。
     また、以下の通りオンプレミス環境であってもLPAR毎にライセンス費用が必要な製品があります。

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

    筐体ライセンスご利用までの大まかな流れは以下の通りです。
    製品導入後、ライセンス・キーを適用せずに猶予期間を超過した場合、ライセンス・キーが適用されるまで使用できませんのでご注意ください。詳細は各製品の導入手順書をご参照ください。

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

  • クラウドライセンス

    製品シリアル番号(マシンシリアル番号に依存しない番号)に基づいたライセンスです。
    クラウド等のマシンシリアルが変動する環境下においても、業務運用を停止することなく、継続して製品を利用することができます。
    LPAR毎にライセンス費用が必要です。

     

    クラウドライセンスご利用までの大まかな流れは以下の通りです。
    製品導入後、ライセンス・キーを適用せずに猶予期間を超過した場合、製品の機能はライセンス・キーが適用されるまで使用できません。また、製品シリアル発行が必要になりますのでご注意ください。
    詳細は各製品の導入手順書をご参照ください。

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

  • サブスクリプション型

     

    プログラムと製品保守サービスを一定の期間、サブスクリプションサービスとしてご利用いただけます。
    製品を購入するのではなく利用期間に応じた利用契約のため、初期投資が抑えられます。
    お客様の資産とはならず、Toolboxシリーズを経費で利用できます。

     

  • サブスクリプションサービス

    サブスクリプションサービスご利用までの大まかな流れは以下の通りです。
    製品導入後、ライセンス・キーを適用せずに猶予期間を超過した場合、製品の機能はライセンス・キーが適用されるまで使用できません。また、製品シリアル発行が必要になりますのでご注意ください。
    詳細は各製品の導入手順書をご参照ください。

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

    サブスクリプションサービスをご契約の場合、継続利用の大まかな流れは以下の通りです。
    利用期間の更新後、ライセンス・キーを適用せずに猶予期間を超過した場合、製品の機能はライセンス・キーが適用されるまで使用できませんのでご注意ください。

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

    IBM i標準ツール/Toolboxトップページ

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ