沿革

1965年 9月

株式会社日本能率コンサルタント設立 損害保険会社のカナタイプライターによる保険証券発行サービスを開始

1968年 2月 データ入力センター開設
1972年 4月 受託計算サービスを開始
1972年 4月 多摩地区への進出
1974年 7月 連想入力方式による漢字情報処理サービスを開始
1975年 8月 全国住所マスター「ADDRESS」を開発し、販売開始
1981年 7月 ソフトウェア開発サービスを開始
1990年 11月 株式会社アプラスと資本提携
1991年 1月

株式会社アグレックスに社名変更 CIの一貫として社名を変更。Agreはラテン語のagere(動く、行う)を英語風に簡略化した造語。これに未知の可能性を示すXを語尾につけ、AGREXとした

1998年 3月 CTIシステムを開発し、コールセンターサービスを開始
2002年 2月 プライバシーマーク取得
2002年 2月 TIS株式会社が当社株式の過半数を取得
2002年 4月 当社株式をJASDAQ市場に上場
2002年 9月

CRO(医薬品開発業務受託機関)事業に参入 CRO※に対するニーズが高まるなかで、当社のデータ処理ノウハウとIT力を活かせる分野として、臨床試験支援サービスを開始 ※CRO:Contract Research Organizationの略で、製薬メーカーから臨床試験に関する業務の一部を受託する機関

2004年 3月 当社株式を東京証券取引所市場第二部に上場
2004年 11月 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得
2006年 9月 当社株式を東京証券取引所市場第一部に上場
2007年 3月 保険代理店システムのヘルプデスクサービスでISO20000の認証を取得
2007年 4月 子会社のオープンテクノ株式会社と株式会社フィネスが合併し、アグレックスファインテクノ株式会社を発足
2008年 3月 登録管理ネットワーク株式会社の全株式を取得
2008年 6月 「東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル」に本社を移転
2008年 10月 グループフォーメーションの再編により、ITホールディングス株式会社が当社株式の過半数を取得
2010年 5月 ACメディカル株式会社を設立
2011年 1月 ACメディカル株式会社に当社CRO事業を会社分割、完全子会社のクロノバ株式会社を吸収合併し、事業開始
2013年 10月 ベトナムに合弁会社 F-AGREX GLOBAL COMPANY LIMITEDを設立
2014年 6月 ロゴマークを変更
2015年 3月 ITホールディングス株式会社の100%子会社となる
2015年 5月 株式会社興伸の全株式を取得
2015年 6月 株式会社マイクロメイツの全株式を取得
2015年 7月 タイに現地法人 AGREX (Thailand) Co., Ltd.を設立
2016年 1月 ACメディカル株式会社(存続会社)とアプシェ株式会社が合併
2016年 7月 INTEC SYSTEMS BANGKOK CO., LTD.の株式を取得し、社名を I-AGREX (Thailand) CO.,LTD. に変更
2016年 7月 ITホールディングスグループ組織再編により、グループブランドをTISインテックグループに変更
2017年 1月 F-AGREX GLOBAL COMPANY LIMITEDの社名をAGREX (Vietnam) Co., Ltd.に変更