匿名・仮名加工支援ソリューション/フリーテキストマスキング

フリーテキスト内にある個人情報のマスキングを実現

応対履歴や音声認識テキスト、アンケートの自由記述欄などの個人情報を含む可能性がある文章から、氏名や住所、電話番号、クレジットカード番号、メールアドレスなどの個人情報を機械的に判定し、それらをマスキングすることで個人が特定できないように情報を加工する匿名・仮名加工支援ソリューションです。

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

お問い合わせはこちら

特徴

1
個人情報を機械的に判定しマスキングが可能
テキスト内の氏名や住所、クレジットカード番号、契約番号などの個人情報に該当する箇所を、マスキングされた文字列に変換することが可能です。

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

2
データクレンジングのノウハウを集約することで高い精度で個人情報を検出
アグレックスでは、住所や金融機関、学校、姓名等の各種マスター製品を提供しており、それらの辞書データを扱ったデータクレンジングのノウハウを本ソリューションに集約しています。
アグレックスのノウハウを活用した独自のアルゴリズムに加え、お客様独自のデータを拡張辞書として追加登録することにより、高い精度での個人情報の検出が可能です。
3
セキュアな環境でマスキング処理が可能
本ソリューションは、スタンドアローンでの実行が可能なため、セキュアなオフライン環境でマスキングができます。クラウドシステムへのデータアップロード前や、業務委託時のデータ連携前に使用することでより安全にデータを取り扱うことが可能です。
4
業務効率化やコスト削減を実現
これまで人的作業となっていたフリーテキスト内の個人情報の検出・マスキングを機械的に行うことで、加工作業にかかる負担を軽減します。

活用例

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

  • 企業内外の分析機関へのデータ提供

  • 例えば、コンタクトセンターに寄せられるお客様からのご意見・ご要望・クレームに内在する個人情報や、その他各種会員情報などを本ソリューションでマスキングしたうえで、分析部門への連携やクラウド分析ツールへのアップロード、外部分析機関へ業務委託することで、お客様の声(VOC:Voice Of Customer)やお客様情報を安心安全に製品・サービス向上や新サービス開発などに活用することができます。

  • リモートワーク環境でのデータ活用

  • 社外 Wi-Fi 接続による情報漏洩や VPN からの情報流出、PC 紛失などのセキュリティインシデントが潜むリモートワークにおいて、あらかじめ本ソリューションで個人情報をマスキングしておくことで個人情報漏洩リスクを低減します。

  • その他(ユースケース)

    ※タップで大きな画像がご覧いただけます。

  •   

関連サービス・類似サービス

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ