個人情報秘匿システム

本番データさながらのテストデータ作成を実現

情報を秘匿化することにより、本番データに酷似した全く別のテストデータが作成できます。旧来のマスキングシステムとは異なり、個人情報の属性を維持したまま、本番さながらの高品質で効果的なシステムテストが実現できます。全ての属性項目に共通して利用可能な機能で、1文字単位に、「漢字→漢字」、「かな→かな」、「数字→数字」といった文字種類を保持したまま変換します。

お問い合わせはこちら

特徴

1
項目により変換有無を選択
顧客IDなどの変換不要項目は、項目単位毎に変換必要有無を選択可能できます。
2
姓名は別の姓名に変換
姓名は全く別の姓名情報に変換します。
3
住所は別の住所に変換
住所は全く他の住所へ変換します。また同一地域内の別住所への変換も可能です。
4
月日も実在の月日に変換
月日情報は、13月、50日のようなありえない月日情報には変換しません。
5
特殊記号は変換しない
「株式会社」「@」「-」など、変換すべきでない特殊記号に関しては変換しません。
6
秘匿データで名寄せも可能
同じ文字は必ず別の同じ文字に変換し、秘匿データによる名寄せテストを実現します。

データ秘匿結果の例

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

システム全体概要

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

関連サービス・類似サービス

このサービスに関連する業務

このサービスに関連する課題・目的

このサービスに関連する業種

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ