「ADDRESS」オプション製品群/ADOシリーズ

大口事業所郵便番号やローマ字表記住所など、多様なニーズに対応

全国住所マスター「ADDRESS」に標準で収録されていない情報を収録して、アドレスコードで結びつけることで利便性拡大を実現するオプション製品群です。

オプションラインナップ

  • 大口事業所郵便番号「ADO-POSTAL」

    漢字/日本郵便が設定している大口事業所郵便番号のデータを2006年1月分から蓄積して履歴として全て収録しています。

  • ローマ字表記住所「ADO-ROMAN」

    ヘボン式ローマ字表記の住所を収録しており、漢字住所とローマ字住所の相互変換を可能にします。

  • 住所読み仮名「ADO-PRONOUNCE」

    拗音、促音を含む正確なカナ表記を収録しています。

  • 位置情報「ADO-POINT」

    各アドレスコードが⽰す地域に代表点を設定し、その代表点に対する位置情報(緯度・経度)を収録しています。

お問い合わせはこちら

特徴

1
「ADO-POSTAL」(大口事業所郵便番号データベース)
日本郵便が開示する大口事業所郵便番号を全件収録。
郵便番号が示す住所に対応するアドレスコードを収録しており、全国住所マスター「ADDRESS」との連携を容易に実現。
2006年1月以降廃止された大口事業所郵便番号データも履歴として収録。
2
「ADO-ROMAN」(ローマ字表記住所データベース)
全国の住所について大文字のアルファベットを用いたヘボン式ローマ字表記で収録し、アドレスコードとの連携が容易に実現。
3
「ADO-PRONOUNCE」(住所読み仮名データベース)
カナ住所表記に正確な拗音・促音を収録し、アドレスコードとの連携が容易に実現。
4
「ADO-POINT」(アドレスコードの緯度経度データベース)
アドレスコードと連携するため、改めて住所表記の整備をすることなく位置情報取得を容易に実現。
廃⽌住所のアドレスコードに対する情報も保持しており、住所新設・廃⽌の時系列管理も不要。

活用例

郵便番号検索におけるクレーム件数の削減(ADO-POSTAL)

大口事業所郵便番号を検索した際に正確な結果を取得することが出来ます。クレームや問い合わせとなるケースを減らすことができます。

大口事業所郵便番号で申請されたデータの活用(ADO-POSTAL)

大口事業所郵便番号からアドレスコードの取得ができます。郵便番号から住所や事業所名を特定することも可能なので、データチェックにも活用いただけます。

外資系企業内のデータ連携を円滑に(ADO-ROMAN)

海外市場のデータを統合して利用するために、日本国内のデータをローマ字表記に変換することでフォーマットを共通にすることができます。また、日本語に対応していないツールで日本の住所を利用する際にも活用いただけます。

コールセンター担当者の案内精度向上(ADO-PRONOUNCE)

コールセンター業務でお客様の住所を正確な発音で読み上げてご案内することができ、ユーザークレームの削減が期待できるとともに、サービスレベルの向上につながります。

顧客情報を地図展開して、エリアマーケティングに活⽤(ADO-POINT)

顧客情報に位置情報を付与することで地図展開が可能となり、視覚化してエリアマーケティングに活⽤いただけます。

仕様

文字コード 各種文字コードに対応
ファイル形式 固定長のテキストファイル
ライセンス いずれの製品も全国住所マスター「ADDRESS」のライセンス保有が必要になります。

関連サービス・類似サービス

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ