位置情報付与ライブラリ/AP-GeoMarker

顧客情報を地図に展開できる情報へ!

AP-GeoMarkerは、お客様がお持ちの住所文字列情報に緯度経度を付与するライブラリ製品です。位置情報を付与した顧客情報・施設情報を、災害マップ・人口統計などと組み合わせて地図上に表示することで、マーケティング・災害リスク算定・施設管理などにご活用いただけます。

    

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

お問い合わせはこちら

特徴

1
様々な表記方法の住所文字列に対応
都道府県の省略、カタカナによる表記、多少の表記揺れ、また、丁目・番地・号の表記をハイフンや「の」で表記した場合でも、位置情報を付与します。
    

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

2
目的に合わせたレベルで位置情報を付与
町丁目、番地、号など、位置情報を付与するレベルを指定して緯度経度を取得することができます。たとえば顧客の住所に町丁目レベルで位置情報を付与することで、町丁目毎の顧客数を地図上で表現するなど、用途や連携するツールに合わせた位置情報データをご利用いただくことができます。
    

※タップで大きな画像がご覧いただけます。

3
古い住所データにも対応
住所変更情報を持っているため、市町村合併前の旧表記住所でも位置情報の取得が可能です。現在の住所に置き換えて位置情報を取得するので、最新の地図には載っていない古い住所でもご利用いただけます。
4
ご利用環境に合った測地系・座標形式での取得
2つの測地系(世界測地系、日本測地系)を2つの座標形式(10進度形式、1/256秒形式)で表示できるので、お客様のご利用環境に合わせてご活用いただけます。
5
バッチ処理でもオンラインでも利用可
ライブラリ製品のため、お客様のシステムに合わせたご利用が可能です。

※お客様が保有する住所データをお預かりし、当社にて緯度経度を付与して返却することも可能です。

関連サービス・類似サービス

AGREXへのお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールフォームにて随時承っております。

お問い合わせ