Precisely Trillium

トリリアムにできる事

■データクレンジング・名寄せの必要性

【図1】こんなデータに心あたりはありませんか?

それぞれのシステム内で、同一と思われる顧客情報・企業情報が重複して存在し、情報の一元管理ができないといった問題が発生してしまいます。

トリリアムの活用により…

図2

各種辞書(姓名辞書、法人辞書、住所辞書など)を利用して、各項目の正規化・統一化を行います。 正規化・統一化されたそれぞれのデータを元に、柔軟なマッチング機能を利用して、名寄せを行います。自由度の高い名寄せルールの設定が可能であり、定期的な名寄せのルールチェック実施により、名寄せ精度の継続的な向上を実現します。個人名寄せはもちろんのこと、世帯名寄せ、法人名寄せも可能です。

【図3】分散化した顧客情報を統合し、真の顧客管理を実現します!

上記のように分散化されたシステム情報を、Precisely Trilliumを活用することで、統合顧客データベースの構築が可能となります。
顧客情報の一元管理により、今まで把握しきれなかった、お客様情報の「見える化」を実現し、サポートレベルの向上、優良顧客の特定、コスト削減といった様々な施策に対応することが可能です。

【図4】トリリアムの導入により精度の高い顧客情報の構築・活用・運用が可能

ページのトップへ

お電話でのお問い合わせ/03-5371-1505

お問い合わせはこちら

  • トリリアムソフトウェア
  • トップページ
  • トリリアムにできる事
  • 主な機能
  • 関連サービス
  • 導入事例